【THE IDOLM@STER SideM 3rd STAGE】福岡公演(現地レポ) とっとさんファンの感想

この記事では、2018年3月25日に福岡県北九州市の西日本総合展示場で行われた
3rd STAGE 福岡公演の感想、レポートをお伝えします。

アイドルマスターSideMの全国ツアーライブイベント
【アイドルマスターSideM 3rd LIVE TOUR~GLORIOUS ST@GE!~】が
2018年2月から始まりました。

伊東健人さんは

・幕張公演1日目、2日目

・福岡公演

・静岡公演2日目

合計4公演に出演された中から、この記事では福岡公演の様子をお伝えします。

今回、理由あって大ボリュームの記事となっています。
文章はもちろん画像もいつも以上に載せています。
さらに動画もありますので、パソコンや携帯電話の環境によっては
ページの読み込みに時間がかかる可能性がありますのでご了承ください。

記事の性質上、福岡公演の内容を詳しく紹介しています。
福岡公演のネタバレを見たくない方はご注意ください!

ライブ前の期間から記事を書いていますので
福岡公演当日の様子や感想、レポだけ読みたい方は
目次欄から読みたいタイトルをクリックしてください。

9曲+MC!伊東さん大奮闘の福岡公演

【アイドルマスターSideM 3rd STAGE】は
千葉、宮城、福岡、静岡と全国をめぐるライブツアーです。

全7公演中5公演目・・ツアー終盤となった
福岡会場で歌われた曲は全部で27曲でした。

伊東健人さんがその中で歌われたのは
全27曲中9曲
なんと3曲に1回は出演されていたのです。

そこに加えて伊東さんはMCも務められました。
伊東健人さんファンとしては
福岡公演を観れて本当に良かったです。

まだ観れていない方はBlu-rayが発売されたら
絶対に観るべき、ぜひ観てほしい公演だと断言できます。

アイドルマスターSideM 3rd STAGE 福岡公演は
伊東健人さんファン必見のライブです!

【伊東健人さんが3rd福岡で歌った曲一覧】

・Reason!!(全体曲)

・From Teacher To Future!(S.E.M)

・Secret! Playful! Drive!(S.E.M トロッコ演出)

・∞ Possibilities(S.E.M)

・Learning Message(硲道夫ソロ曲)

・エウレカダイアリー(S.E.M Beitとの合同曲)

・Beyond The Dream(全体曲)

・GLORIOUS RO@D(全体曲)

・DRIVE A LIVE(全体曲)

まず、福岡公演が始まる前のお話として
「3rd STAGEではキャストさんがどの公演で何の曲を歌うのか?」と
ファンの間で予想されていたエピソードを紹介します。

硲道夫ソロが福岡公演で歌われる伏線があった

伊東健人さんファンとしては
伊東さんのソロ曲をいつ歌われるのか気になっていました。

実は、3rd STAGEのセットリストには
「硲道夫ソロは福岡公演で披露される」
予告しているような要素がいくつかあったのです。

【法則1】2ndでソロを歌ってないキャラが3rdでソロを歌う

3rd幕張公演と仙台公演では
”2ndでソロを披露していないキャラクター”のソロ曲が歌われました。

2ndの時点で発売されていなかった硲道夫の曲も
福岡か静岡、どちらかの公演で披露されると予想されていたのです。

伊東健人さん演じる硲道夫の所属ユニット
S.E.Mのソロ曲がライブで歌われた順番を追ってみましょう。

まず山下次郎のソロ
「GOLD ~No.79~」が2ndで1コーラス披露されました。

同ユニットの硲道夫と舞田類は
ソロ曲が2nd以降に発売されたため、3rdで披露されるか注目されていました。

次に3rd幕張2日目にて舞田類のソロ
「THIS IS IT!」が歌われたのですが、なんとフルコーラスでした。

3rd幕張公演が終わった段階で
S.E.Mでソロを披露していないのは硲道夫のみとなっていたのです。

※なお、この法則は福岡公演において
2ndでソロを披露した東雲荘一郎さんと水嶋咲ちゃんが歌ったことで覆りましたが
逆に”静岡公演では2ndでソロを歌ったキャラ全員フルコーラスを歌う”と予想されています。

【法則2】3rd STAGEの1曲目センターがMCとソロを披露する

3rd幕張公演、仙台公演ともに
1曲目の「Reason!!」でセンターに立ったユニットのリーダー
その公演でソロ曲を初披露しています。

つまり、福岡公演でもこの法則が当てはまる場合
「Reason!!」を歌う時のキャストさんの立ち位置で
今日のMCと披露されるソロ曲が1つ確定するという状況でした。

立ち位置が見えづらい場合でも
Cメロのソロで歌う箇所(CDだと仲村宗悟さんが担当されてます)

♪そうだろ

という歌詞のパートを歌ったのが、3rd幕張と仙台公演において
ユニットリーダー兼当日のMCを務める方でした。

このパートを歌った方=当日のMC という認識が広まっていたのです。

「Reason!!」にその日歌う曲とMCが確定する要素が含まれている
という状況だったため、幕張&仙台と同じ法則ならば
1曲目が披露された時点で、ファンは心の準備ができます。

伊東さんの ♪そうだろ を聴けたら、伊東さんがMCで硲道夫のソロも聴ける!
ということです。

なお、福岡公演にてユニットリーダーかつソロを披露していなかったアイドルは
・硲道夫(S.E.M)
・岡村直央(もふもふえん)
・葛之葉雨彦(Legenders) の3名でした。

矢野奨吾さん演じる岡村直央くんは
公演日の3月25日が誕生日という設定のため
ソロが披露されるのは確実とみられていました。

残るは伊東健人さん演じる硲道夫と、笠間淳さん演じる葛之葉雨彦です。
S.E.MとLegendersは静岡公演にも出演するため
誰がどこでソロを歌うのか、この時点では判断しかねる状況でした。

【法則3】GREETING TOURでMC担当=3rdでもMCを担当

実は、3rd公演でMCを務めたキャストさん達には
もう1つ共通点があります。

それは2017年に行われた【GREETING TOUR】でMCを務めた方なのです。

参考として、3rd公演とGREETING TOURのMCをまとめました。

■3rd 幕張2日目

センターユニットCafe Parade
ユニットリーダー神谷幸広
センター・MC担当狩野翔さん
歌われたソロ曲A CUP OF HAPPINESS(神谷幸広)
【GREETING TOUR】 のMC担当愛知公演1日目 狩野翔さん

■3rd 仙台1日目

センターユニットHigh×Joker
ユニットリーダー秋山隼人
センター・MC担当千葉翔也さん
歌われたソロ曲PRECIOUS TONE(秋山隼人)
【GREETING TOUR】 のMC担当愛知公演2日目 千葉翔也さん

■3rd 仙台2日目

センターユニットFRAME
ユニットリーダー握野英雄
センター・MC担当熊谷健太郎さん
歌われたソロ曲ハートフル・パトローラー(握野英雄)
【GREETING TOUR】 のMC担当大阪公演 熊谷健太郎さん

伊東健人さんはGREETING TOUR東京公演でMCを務めています。
つまり、上述の3rd公演でMC担当だったキャストさんと同じ条件が整っていたのです。

ここまでに挙げた法則が福岡公演でも当てはまるなら
硲道夫ソロを福岡で披露するかも?という声があがっていました。

【もしかして?】伊東健人さん”1人”でのダンスレッスンは・・

ファンの方々がセットリスト予想をする中
2018年3月7日の伊東健人さんの公式ブログで
レッスン場の様子を書いた記事が投稿されました。

今日は朝から
ダンスリハーー!!!!
(伊東さんと振付のkyo-hey先生の写真)
kyo-hey先生!
よろしくお願いしまーす!!

(2018年3月7日 伊東健人さん公式ブログより)

普通にダンスレッスンの様子を書かれたブログにも読めます。

しかし、なぜ福岡公演まで1ヶ月を切ったタイミングに
伊東さん”1人”だけで
ダンスリハーサルを行っているのでしょうか?

(もしかして、SideM以外にダンスを披露するお仕事があるのかな?)

そう考え、伊東さんが3月に出演されるイベントやライブを調べたところ
「Double Dare Stories〜アイラジ&ゆめラジ〜」が
SideM 3rd福岡公演より前に出演される唯一のイベントでした。

このイベントは伊東さんだけでなく
中島ヨシキさん、山中真尋さん、白井悠介さんが出演されたのですが
イベントの特設ページに「ドラマ有り、歌有り、トーク有り」という説明はあるものの

振付の先生と1対1でレッスンするほどのダンスが披露されるイベント

かといわれると、少し性質が違うイベントのように感じました。

伊東さん以外の出演者の皆さんが
このイベントに向けてハードなダンスレッスンをしている
といった様子を伝える投稿があるか確認しましたが、見つけられませんでした。

つまり、このダンスレッスンは時期的に考えて
伊東健人さん個人による
SideM 3rd福岡公演に向けたものという見方が強かったのです。

それに加え、もしもSideMのレッスン風景だとして
ユニット曲など複数の共演者による練習をしているなら
他のキャストさんが写っていてもおかしくありません。

実際に3月13日のブログには
共演者の方々やスタッフさんが写っています。

そして今日も、
ダンスレッスンーー!!
もう、SideM福岡公演まで
2週間ないー!!
(キャストさんとスタッフさんが腕立て伏せをする写真)

(2018年3月13日 伊東健人さん公式ブログより)

しかし3月7日の写真には、レッスンスタジオに
伊東さんと先生のお二人しかいないように見えます。

ファンの方々も、この日のブログが気になった方が多かったようです。

つまり伊東さんは振付の先生から
マンツーマンでダンスリハーサルをする必要があったのでは?

伊東さん一人だけでリハーサルをしたのは何のため?

伊東さんが一人で踊る状況が用意されているからでは?

ということは、福岡公演でソロを歌う

伊東さんが福岡でソロを披露するかもしれない・・
一見すると、ファンの願望が込められた予想にみえます。

しかし伊東さんは、ブログやTwitterで
今後のお仕事についてのヒントをさり気なく投稿することがあったのです。

たとえば、直近の例では
日清カップメシとのコラボについてのヒントがありました。

ご本人のTwitterで、お湯を注いで蓋をした
カップメシの写真が投稿されたのです。

投稿当時は、伊東さんが晩御飯にカップメシを食べた
という日常のつぶやきとして受け止められていました。

しかし、2018年3月15日に公開された
日清カップメシとアイドルマスターSideMのコラボ動画
伊東さんは顔出し出演されており
その動画で食べた商品と同じものが、Twitterに投稿されていたのです。

伊東さんの投稿は、今後のお仕事のヒントだったのでした。

「伊東さんがブログやTwitterに投稿した
写真や文章には何か意味があるかもしれない」

そう考えるファンの間では、この日のブログ記事は
福岡公演の予告として捉えられていたのです。

筆者も、これらの状況や伊東さんのブログを拝見して
福岡公演で硲道夫のソロが歌われる・・つまり
伊東さんのソロが現地で聴ける!と思っていました。

長くなりましたが、ここまでが福岡公演前日までのお話です。

仙台公演から1ヶ月の間をあけての福岡公演だったため
こういった予想をして盛り上がると同時に
好きなキャラや声優さんのソロを聞くための心の準備を整えていました。

3rd福岡公演 曲の感想・レポ

いよいよ福岡公演当日を迎えました。

この日の入場者数は、なんと9000人だったそうです!
3rd STAGE全公演中もっとも人数が多かったとか。(ゆめラジ35回より)

入場を終え、プロデューサーの皆さんや企業さんが贈られた
色とりどりのフラワースタンドを見学してから座席に向かいます。

モニターにはアイドルマスターシリーズの動画や
先日発表されたカレーメシとのコラボ動画が流れており
客席から笑いや歓声があがっていました。

開演時間から少し経った頃
会場の照明が落とされて、モニターに提供が表示された後
事務員の山村賢くんが登場しました。

アイドルマスターSideM 3rd 福岡公演がいよいよ始まりました!

いざ開幕!「Reason!!」のセンターユニットは・・

オープニング映像が流れ、いよいよキャストさんの登場です。

暗いステージ上に全員が立ち
照明が点され、音楽が流れ始めました。

福岡公演1曲目の全体曲「Reason!!」で
センターに立っていたユニットは

S.E.Mでした。

伊東健人さんがセンターに立っていたのです。

あまりの嬉しさに、ピンクのペンライトを振るのを忘れ
センターにいる伊東さんに釘付けとなってしまいました。

(これは、もしかしたら本当に事前予想どおり
硲道夫のソロが聴けるかも・・!)

そうワクワクしながら、ステージ上にいらっしゃる
硲道夫をほうふつとさせるメガネをかけ
涼やかな表情のまま「Reason!!」を歌う伊東さんに見入っていました。

伊東さんがセンターで歌っている光景は
いちファンとして、とても嬉しいものでした。

楽曲終盤 Cメロの

♪そうだろ

を歌ったのも、センターに立つ伊東健人さんです!

※「From Teacher To Future」のCDに収録されている
 「Reason!!」S.E.M versionも同じパート割ですので、福岡公演の気分を味わうのにおすすめです

この瞬間、会場全体から大きな歓声が起きました。

ステージ上のモニターにS.E.Mメンバーの顔のアップが映された時
そこで筆者はやっと気付きました。

(あれ?ハンドマイクで歌ってるのに
S.E.Mのお三方はヘッドセットを着けてる・・?)

1曲目の「Reason!!」は
手に持ったマイクで歌うスタイルです。

しかしS.E.Mのメンバーはヘッドセットを着け
楽曲は手持ちマイクで歌っている、二重マイクの状態でした。

これは2曲目がS.E.Mのユニット曲かもしれない!と予想し
「Reason!!」が終わってからも
引き続きピンク色のペンライトを準備していました。

ここからは、伊東さんが歌った全9曲から
5曲をピックアップして感想を書いていきます。

「From Teacher To Future」

1曲目の「Reason!!」と全員のあいさつが終わったあと
照明が暗転し、誰が歌うのか分からない状態になりました。

真っ暗になった会場に 和太鼓の音 が響いた瞬間
筆者は思わず声をあげました。

幕張2日目にて、アニメ5話を再現した
「From Teacher To Future」の演出と同じ効果音だったからです。

スポットライトが点くと、そこには幕張2日目と同じ
学ランを着たS.E.Mの3人が!

アニメと同様に口上を述べ
“情熱のポーズ”をばっちり決めた3人は
曲の前奏が始まると学ランを脱いでダンスを開始!

S.E.Mから生徒たちへ贈る応援歌が
小倉の地にこだましました。

力強くまっすぐ応援してくれる情熱的な歌声に
客席のボルテージも一気に上がりました!

幕張2日目のライブビューイングで観た
演出とダンスを生で観れて感激しました。

伊東さん、榎木さん、中島さんが立ち位置を変え
肩を組んで協力しあう様子を見ていると
こちらもキャストの皆さんを応援する気持ちになります。

伊東さんが曲中で腕立て伏せをするのも観れました。

全体的にかなりハードな運動量の曲となっていますが
難なくこなすお三方は本当にすごいです。

ラインダンスのパートでは
幕張公演より足が高く上がっていたように思います。

バックダンサーとしてチアダンスを担当された
Cafe Paradeのキャスト 天﨑滉平さん、古川慎さん、狩野翔さんも
ポンポンを振ってにぎやかで楽しいステージとなっていました。

ダンスの途中で、伊東さんの腰に着けていた
スカーフが外れた場面があったのですが
伊東さんは慌てずスカーフを後方へぱっと投げて
最後の場面で回収して事なきを得ていました。

想定外の事態にも冷静に対処する
伊東さんの底力を感じられるシーンでした。

「Secret! Playful! Drive!」

もふもふえんのステージが終わった後
暗転した会場内に、車のエンジン音がかかりました。
※ここの効果音がエンジン音が正しいかは記憶が空へ飛びかけているため
 Blu-rayが発売されたら確認します

会場がざわつき始めます。

そして榎木淳弥さん演じる舞田類の声が響きました。

Hey!プロデューサーちゃん、ドライブしない?
※ここのセリフも記憶が飛んでるため正しいセリフが分かったら修正します

効果音と、類の”ドライブ”というキーワードに
「えっ?」と驚きの声が出ました。

思い当たる歌が1曲浮かんだのですが
それはS.E.Mの3人だけで歌う曲ではなかったため
披露されると予想していたファンの方は多くなかったのです。

「Secret! Playful! Drive!」は
JupiterとS.E.Mの合同ユニットで歌われた曲です。

アニメ アイドルマスターSideMのDVDBlu-ray3巻の
完全生産限定版特典CDに収録されていました。

試聴動画はこちら(「Secret! Playful! Drive!」は0:00~)


曲のイントロが流れた瞬間
下手側に照明が当たり、S.E.Mのお三方が現れました。

しかもLED?で飾りつけられた電飾トロッコに乗っての登場です。

会場は混乱と歓喜の渦に包まれました。
この曲を3rd STAGEで、それもS.E.Mのみで歌うとは!
という驚きと共に、歌がスタートしました。

伊東さんは最後尾のトロッコに乗り
歌いながら客席に向かってボールを投げこみます。

まっすぐ客席を観ながら歌う伊東さんが
トロッコに乗っている硲道夫と重なって見えました。

幕張2日目と仙台公演でもトロッコが使われましたが
どちらも2階席がある会場だったため
(福岡の会場には2階がないし・・トロッコ演出はないかも?)
と考えていたのですが、良い意味で予想を裏切られました。

会場の壁面にはS.E.Mのロゴがレーザー照明で映し出されています。
ネオンサインのような照明と、会場の暗さが合わさって
まるで夜のドライブを思わせる演出となっていました。素晴らしかったです。

曲が進み、場内を一周するなかで
中央より下手よりのエリアに差しかかったころでした。

硲道夫のパートに ♪締まったタイを緩める という歌詞があります。

そのパートを歌われた時に
伊東さんがネクタイに手を添えているのを見逃しませんでした。

イメージとしてはこんな感じです。

♪締まったタイを

♪緩める~

※写真撮影協力:家族 実際は左手ではなかったかもしれません
実際のポーズや服とは異なるイメージ画像です

※公式に発売されたグッズ”硲道夫のネクタイ”を着用しています

突然の画像失礼しました。
このパートでも大きな歓声が上がっていました。

「Secret! Playful! Drive!」を初めて聴いたときに
(ライブで歌うとしたら、伊東さんがここでネクタイに手をあてるのかな?)
と想像していた画がそのまま現実になったため
思わず再現画像を作ってしまうほどに、いまだ衝撃が冷めていません。

大人の色気があふれたジャジーな曲をさらに魅力的に歌い上げる
伊東さん、榎木さん、中島さんのパフォーマンスに
会場にいたプロデューサーは老若男女関係なく虜にされました。

福岡公演の会場となった西日本総合展示場は
あらゆるイベントに対応する施設のため、床が平面です。

そのため座席が後ろの方だった場合
キャストさんがステージに立たれてもあまり見えず
ステージ上に設置されたモニターを見る状態になることがあります。

しかしトロッコなら後ろの座席でもしっかり見ることができますし
ボールを投げたり、手を振ったり・・と
キャストさん達もステージとは違ったパフォーマンスをしてくださいます。

筆者はボールを受け取るなど、特別なことは何も起きてませんが
トロッコのおかげでステージより近いところで
伊東さんを見ることができて嬉しかったです。


アイドルマスター SideM 3(イベントチケット優先販売申込券付)(完全生産限定版) [Blu-ray]


アイドルマスター SideM 3(イベントチケット優先販売申込券付)(完全生産限定版) [DVD]

「∞ Possibilities」

THE虎牙道の新曲が歌われた後に
「∞ Possibilities」のイントロが流れ、会場はピンクのペンライトに染まりました。

2ndでは小道具として光線銃を持っていましたが
今回は衣装が3rd STAGE共通衣装で銃を収納できないため
1stやニコニコ超会議と同じく、人差し指を銃に見立てての踊りとなりました。

ダンスと歌はますます安定感とクオリティーが上がり
振付のタイミングもばっちり合っていました。

1stの時点でも満足感が高いステージだったのに
2ndを経て3rdでますます進化した三人を観ることができました。

公演を重ねるごとに進化したステージを見せてもらえるのは
とてもありがたいことで、ファン冥利に尽きます。

観ていてとても気持ちの良いパフォーマンスでした。

この歌の個人的な見所は、1stの紹介記事でも書いたとおり
伊東さんの ♪越えて というパートです。

3回ともきれいに伸びやかに歌い上げており
伊東さんがここを歌うたびに感嘆の声があちこちから聞こえてきました。

ライブはすでに後半、時間的に残り数曲と考えられるタイミングで

硲道夫のソロ曲にもキーワードとして入っている
♪越えて が歌詞に含まれた「∞ Possibilities」を歌うということは

この曲の後に、硲道夫のソロを歌うのでは・・!

筆者含め、そう予想し準備したプロデューサーさんは多かったようです。

ここから伊東さんはほぼ休みなく出演されます。

「Learning Message」

「∞ Possibilities」が終わり、会場が暗転したあと
特殊イントロが流れだしました。

それは「Learning Message」の伴奏と同じ
サイバー感あふれるサウンドでした。

次に歌われる曲に気付いたプロデューサーの皆さんが
ペンライトの色をピンクと青にし始めます。

※S.E.Mのユニットカラーはピンクですが
 硲道夫個人のモチーフカラーは紺色(青色)のため青色を振る方も多かったです

暗いステージの上に人影が見えたと思った瞬間
楽曲が始まり、照明が当たりました。

伊東健人さんが一人でステージに立っています。

ついにきました。
硲道夫のソロ「Learning Message」初披露です。

いったいどんなダンスと歌になるのだろう?と
ドキドキしながら伊東さんを観る時間が始まりました。

ダンスは片手にマイクを持ち、空いた片手を使って
× や + などの数学記号を表現していたのが印象的でした。
ルート(√)を表すような手の動きもあります。

硲道夫のサインが、硲のローマ字表記 Hazamaの”H”と
ルートを掛け合わせたデザインなので
もしかしたらそれを意識されての振付だったのかもしれません。

片手で教科書を開いているようなポーズと
黒板にチョークで文字を書くような動きもあり
教師時代の硲先生はこういう感じだったのかな?と想像できるダンスでした。

硲道夫の元数学教師という経歴や
ステージ上のパフォーマンス、硲先生のまっすぐな生き様そのものが
若者へ向けた授業・メッセージだと表しているように感じました。

初披露の楽曲でしたが、ダンスの中に
ところどころ見慣れた振付が入っていたのも特徴です。

♪情熱なのだろう という歌詞のところでは
”情熱のポーズ”と同じポーズをとっていました。

ソロ曲の紹介記事で、一番の聴き所として紹介したパートに差し掛かった時です。
ステージ中央に立った伊東さんは

♪可能性は無限大だ → ”情熱のポーズ”を決め
♪見つけた未知のイメージ → 立ち上がり
♪その向こうへと越えて → 「∞ Possibilities」の”越えて”と同じ動きをされました。

会場中に伊東さんの力強い歌声が響きます。
硲道夫の生き方を表現する歌詞と、それに相応しいダンスが合わさって
胸にぐっと来る表現となっていました。

歌声はCD以上にのびのびとしていて
このまま終わって欲しくない、もっと聴いていたい
と思うほどに聞き惚れる歌だったのです。

一度観たら忘れられない、S.E.M独特のインパクトあるダンスと
伊東健人さんの歌唱力をフルに活かした歌が組み合わさり
夢のような時間でした。

「エウレカダイアリー」

直前にBeitの曲が歌われたため
Beitのユニットカラーである水色と
渡辺みのりさんの個人カラー ピンクのライトを点けた人が多く
会場は水色とピンクに彩られていました。

筆者もピンク1本、水色1本を振っていたのですが
次の曲に向けて準備をしようとペンライトを見たときに

(あれ?この配色に見覚えがある・・)と気付きました。

2ndのライブビューイング
S.E.Mのピンク、Beitの水色を一緒に振った曲があることを思い出したのです。

会場にピンクと水色の照明が点き、イントロが流れ出しました。

出べそという、ステージから花道を通った先に設置された
小島のようなエリアに人影が現れました。

S.E.M(伊東健人さん、榎木淳弥さん、中島ヨシキさん)
Beit(堀江瞬さん、高塚智人さん)の5名が登場したのです。

2ndのときと同じく、フォーメーションを変えながら
さわやかな歌とダンスを披露されました。
筆者の席からは残念ながら確認できなかったのですが
ライブビューイングのカメラへ向けてファンサービスも行われていたようです。

ここまでで伊東さんは

・∞ Possibilities(S.E.M)
・Learning Message(硲道夫ソロ曲)

ここでスマイルエンゲージ(Beit)が歌われて一旦退場するものの

・エウレカダイアリー(S.E.M Beitとの合同曲)

と、3曲をほぼ連続で歌い上げたのです。

さらにこの後の

・Beyond The Dream(全体曲)
・GLORIOUS RO@D(全体曲)
・DRIVE A LIVE(全体曲)

にも出ずっぱりで、MCもされて・・と
後半は伊東さん出演ラッシュでしたが
最後までしっかりと硲道夫としてのパフォーマンスをしてくださり
伊東さんにより魅了される形となりました。

伊東健人さんのMC

伊東さんのMCはラジオやニコニコ生放送などの番組で
聴いたことがあるため、安心して観ていました。

歌やパフォーマンスはもちろん、MCもしっかり務められた中で
筆者が覚えている伊東さんの言葉を書き出していきたいと思います。

助け合っていこう

まずは1曲目「Reason!!」の後に
キャストさんが一人ずつ挨拶をされた場面でのことです。

伊東さんはご自身の挨拶をされた後に

「有事の際は周りの皆さんと助け合っていきましょう」

といったことを呼びかけられました。

首都圏などで行われるイベントでは
開演前のアナウンスとして、自然災害などの有事が起きた際は
係員の誘導にしたがって行動してくださいということがあります。

福岡公演の会場ではそういったアナウンスがあった・・のか
筆者が記憶を空に飛ばして忘れてしまったのですが

しかし伊東さんがこう仰ってくれたことで、
プロデューサー達はしっかりと助け合いの意識を持つことができました。

Lantisへの感謝

「企業の話をします」

と伊東さんが唐突に仰られたため、客席にいた皆さんの頭上に???が浮かびました。

アイドルマスターSideMの楽曲は
Lantis(ランティス)というレーベルから発売されています。

しかし、2018年4月1日付でLantisはバンダイビジュアルと統合され
新たに株式会社バンダイナムコアーツとして事業を行うと発表がありました。

Lantisのレーベル名やロゴマークはそのまま残るのですが
法人としては3月いっぱいで解散となる予定です。

伊東さんはこの話題に触れ
「Lantisありがとう!」と感謝の気持ちを伝えたのです。
客席からもLantisへ感謝の気持ちをこめた拍手が送られました。

アイマスですよ!

アイドルマスターシリーズには伝統の掛け声があります。

キャストさんが「プロデューサーさん、アイマスですよ!」と言われたら
客席にいるプロデューサー達全員で「アイマスー!」と返すのです。

この掛け声もMCである伊東健人さんが担当されたのですが

「プロデューサー アイマスですよ」

と、硲道夫として声をかけられました。

冷静な中に力強さが込められた硲道夫の声に
プロデューサー達は全力で「アイマスー!」を返したのでした。

伊東さんからの「ありがとう」

福岡公演でいちばん最後に歌われた全体曲
「DRIVE A LIVE」曲中でのことです。

楽曲終盤で
♪We are 315(サイコー!)というパートがあります。

315の部分は、プロデューサー達も声を合わせてコールをするのですが
言い終わった後、ほんの一瞬だけ間奏が挟まります。

歌声やコールが途切れたその瞬間に

「ありがとう」

伊東健人さんがはっきりそう仰いました。

無事にMCや初披露の曲を歌い
大役を務め上げた伊東さんからの
心からの感謝の言葉に聞こえました。

思わぬタイミングで言葉をもらい
筆者はとっさに何も言うことができなかったのですが

一番最後にキャストさん達が手を繋ぎ合わせ
「ありがとうございました!」と挨拶をされたときに
こちらも全力で「ありがとう!」を叫びました。

カメラに向かって投げキッス!

これはMC・・というよりS.E.M3人による最後のパフォーマンスです。

福岡公演がすべて終了し、アンコールも終わり
キャストさん達が退場するシーンでのこと。

ライブビューイング用のカメラに向かって
キャストさん達がそれぞれポーズを決めたり
言葉をかけたりしていました。

その様子は会場のステージ上に設置されたモニターにも映し出され
現地のプロデューサーもその映像に反応していました。

あっという間に、一番最後に退場するS.E.Mの3人の順番が回ってきました。

カメラ前で行うパフォーマンスを短く相談した後
3人はタイミングを合わせて

投げキッス

をカメラに向けて送ったのです。

大画面に映ったお三方の投げキッスに、会場中のプロデューサーが絶叫しました。

最後までサービス精神を忘れないキャストさん達のおかげで
終演後の会場はいつまでも熱気が冷めない状態となったのでした。

結論:福岡公演は最高のステージだった!

【アイドルマスターSideM 3rd STAGE】福岡公演を一言でいえば

最高!でした。

開演前までは一体どうなるのかドキドキしていましたが
いざ本番が始まると、終演まであっという間でした。

1st、2ndに引き続き
硲道夫がステージ上に居るのを実感できるパフォーマンスでした。

生徒たちにまっすぐ言葉が届くよう曲を歌い
背筋を伸ばし、未来へのエールを送る姿が
直接この目で観れたことで、より強く印象に残っています。

伊東さんの内側から出てくる雰囲気が
ますます硲道夫そのものとなり
様々な面で伊東さんのパフォーマンスがパワーアップしていました。

こちらの予想を軽々と越える
素晴らしいパフォーマンスと思いやりの心にあふれた
最高のステージ、最高の1日となりました。

おまけ:福岡公演現地でのお話

実は、この福岡公演が筆者初の
アイドルマスターシリーズ現地観賞となりました。

そこで見れたシーンをいくつか書いていきます。

会場となった西日本総合展示場の目の前には
港や公園が広がり、公園ではフリーマーケットが行われていました。
あたたかい春の日差しに桜も開花し、
お花見にもぴったりな絶好の行楽日和でした。

地元福岡県や九州地区のプロデューサーさんはもちろん
全国からこの公演のために多くの方が遠征に来られていました。

大盛況の物販!6時間並んだ結果

グッズ販売が10時開始、開演が15時30分ということで
なるべく早めに会場へ向かおうと考えました。

現地へ到着したのは7時ぐらいでしょうか。
何とグッズ販売開始の3時間前から、すでに長蛇の列ができていたのです!

グッズを購入し、販売会場を後にしたのは13時過ぎでした。

7時過ぎから並びはじめ、13時過ぎに会場を出たということは
13-7=6・・

なんと6時間も並んだ計算になります。
筆者の人生でこれだけ長時間並んだ経験はあまりありません。

体感としては会場の外で3時間半~4時間、会場内で2時間半ぐらい並んだでしょうか。

販売会場内ではTHE虎牙道、彩、神速一魂の
ソロコレ(ソロコレクション)が放送されていたので
それを楽しく聴きながら待っていたので何とかなりました。

なぜこんなにもグッズ販売が大盛況だったのか考えてみました。

グッズは公演チケットを持っていない方でも購入できます。
今回は九州地区で初のアイドルマスターSideMライブイベントだったため
九州をはじめ遠征したプロデューサーさん達が集結して買い求めた結果
あれだけの大人数になったのかもしれません。

福岡のみ1日公演で、グッズ販売も1日だけだったこともあるかもしれません。
幕張、仙台、静岡は2日公演のためグッズ販売も2日ありますが
福岡は前日物販がなく、公演日当日が購入のチャンスでした。

当日の天気に恵まれていたことも、列を伸ばした一因かと思います。
3月25日の北九州市小倉北区は晴天でした。
海沿いの会場ですが風もほとんどなく、長時間並んでも苦ではない気候だったのです。

開演前からプロデューサーさん達の熱意を感じられる、貴重な経験ができました。

汗いっぱい!全力のキャストとプロデューサー

熱意といえば、1曲目の「Reason!!」を歌った後に
キャストの方が順番に挨拶をするシーンがありました。

伊東さんはキャストさん達が挨拶をされている間
ずっと汗をぬぐい、時には眼鏡をはずす様子が見えました。
暑がっている伊東さんを気遣って、隣にいた中島ヨシキさんが
手でぱたぱたと扇いであげて風を送る姿も。

キャストの皆さんが立っているステージ上だけでなく、客席も大変暑かったです。
筆者は2曲目あたりから汗がものすごい量になりました。

照明や会場にいる9000人の熱気に加えて
ライブビューイングやそれぞれの場所から送られてくる
プロデューサーさん達の熱気が伝わってきたように感じました。

嘘でしょ?と思われたかもしれませんが
現地の人数や状況だけで説明できない
膨大な熱量が会場中にうずまいていたんです。
本当にすごかったんです。

伊東さんやキャストの皆さんがいつも仰っている
「ライブビューイングも観えているよ、伝わっているよ!」
という言葉は真実だと実感した出来事でした。

おわりに

次回、伊東さんたちS.E.Mが出演する静岡公演2日目は
【アイドルマスターSideM 3rd STAGE】の最終日でもあります。

何か新しい発表があるかもしれませんし
2ndのアニメ化発表のような、大きな発表はないのかもしれません。

どちらにしても、まだまだこれからの展開に
目が離せないコンテンツであることは間違いがありません。

伊東さんが年々パワーアップされていることを
観ているこちらも実感できる作品です。

2018年4月の静岡公演も、今からとても楽しみですね!

当日の記憶を思い出すたびに、幸せな気持ちになります。
本当に315(最高)の1日でした。

伊東健人さん、出演者の皆様、スタッフの皆様
関係者の皆様、プロデューサーの皆様
すべてに感謝をお伝えしたいです。
ありがとうございます。

現地でこの公演を観れたことは、筆者の人生にとって
幸せな出来事の1つとして刻まれました。

また次回以降の公演やイベントも
現地参加できるものはしていきたいと考えています。

あふれるパッションに任せて作った結果
かなり大ボリュームの記事となってしまいましたが

【アイドルマスターSideM 3rd STAGE】福岡公演は
伊東健人さんファン必見のライブであると断言できます。

福岡公演のBlu-ray発売が発表されたら
ぜひ予約購入されることを強く強くオススメします!

最後までお読みいただきありがとうございました。