【ヒプノシスマイク 観音坂独歩ソロ曲「チグリジア」】 とっとさんファンの感想

このページでは、観音坂独歩のソロ曲
「チグリジア」について書いていきます。

この曲が収録されているCDの紹介ページはこちら


 麻天狼-音韻臨床-

チグリジア

曲名に花の名前がついている理由(推測)

まず曲名の「チグリジア」についてのお話です。

チグリジアはトラユリというお花の別名です。

観音坂独歩は医療系会社の営業マンという設定で
一見すると花とは関係がないキャラクターにみえます。

どうして彼のソロ曲に、花の名前がつけられたのでしょうか。

実は、チグリジアの花言葉は
「私を愛して」「私を助けて」なのです。

独歩はすぐ「俺のせい」と言ってしまうほどネガティブで
自分を追いつめてしまう性格のキャラクターです。

彼の心の叫びを表しているような
花言葉があてられている花がチグリジア。

だからこそ、独歩のソロ曲名として使われたようです。

前半と後半で一変する曲

次に楽曲ですが、「チグリジア」の視聴は3:15~

視聴動画にあるとおり
序盤は静かな歌となっています。

ピアノをメインとした音楽に合わせて
息が詰まるような、苦しさも感じる声や歌詞に

静かな中に、独歩の内に秘めた感情も
キャラクター性がしっかり込められています。

この曲の本番は、視聴動画では聞けない
後半パートだと個人的には思います。

伊東さんの歌声、言葉、音楽、込められた強烈な感情・・
すべてが合わさって渦となり
視聴した人を圧倒する力を持った曲となっています。

ぜひともCDや音楽ダウンロードサイトで
一度聴いてみて欲しい歌です。

聴く側もエネルギーが必要な、強烈な歌

筆者のさらに個人的な感想として・・
この曲は、とてもパワーが強い歌だと思います。

歌う側も、聴く側も
観音坂独歩の感情にあてられることになるので
非常にエネルギーを使います。

「チグリジア」は観音坂独歩の世界観を
あらゆる方向から表現した歌です。

BGM、歌詞、曲の展開、
伊東さんがつむぐ歌声
それぞれの要素が観音坂独歩を描ききっています。

そのため、感受性が強い方、外部の影響を受けやすい方などは
「チグリジア」を聴きすぎると
息苦しさを感じたり、気分が沈むことがあるかもしれません。

それほどのパワーがある歌だと思います。

観音坂独歩を表現しきるためには
彼の性格上、苦しい感情と向き合って表現する必要があります。

伊東さんにとって独歩はかなりエネルギーがいるキャラクターなのではないかと
勝手ながら思ってしまうのでした。

筆者はなるべく夜や疲れているときを避け
日中や気分が良いときに聴くようにしています。

絶賛された2ndLIVEでの「チグリジア」

現在DVD、Blu-ray化の一報がないため
このページで併せて紹介させていただきます。

2018年8月26日に行われた
「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 2nd LIVE@シナガワ《韻踏闘技大會》」

伊東さんが「チグリジア」をライブで初披露されたイベントでした。

筆者は残念ながら、現地やライブビューイングで
リアルタイムにこのライブを見ることは叶わなかったのですが
伊東さんのパフォーマンスを見た方から大反響がありました。

お笑い芸人 ハライチの岩井さんも、このライブを
現地もしくはライブビューイングで見られていたようで
このような感想をTwitterに書かれています。

今日のステラボール、独歩のチグリジアがめちゃくちゃエモーショナルだったな。

(2018年8月26日 ハライチ 岩井勇気さんTwitterより)

ライブ直後に岩井さんが「エモーショナルだった」と
つぶやきたくなるほどのパフォーマンスということですね。

どうやら伊東さん、CDに収録されている「チグリジア」から
さらにパワーアップした歌を披露されたようです。

Yahoo!のトレンドワードに「伊東健人」が!

実は、このライブが終わった後に
Yahoo!のページに「伊東健人」という単語が
一時掲載されてました。

Yahoo!には”リアルタイム検索”という機能があります。

これはTwitterでそのとき話題になっているワード
1位~20位が表示されるページなのです。

その言葉をつぶやく人が多ければ多いほど
ランキング入りする、という仕組みになっています。

2018年8月27日の0時30分ごろ
話題のキーワード15位に
「伊東健人」という単語が入っていました。

その証拠として当時のスクリーンショットを貼ります。
画像の右下、15位をご覧ください。

伊東健人さんのお名前がトップ20位以内に載っています!
よく見ると、他にもヒプマイ2nd LIVE関連のワードが多数ランキング入りしてます。
この状況に筆者は大変驚きました。

伊東さんの歌を生で、ライブビューイングで聞いた後
思わず「伊東健人」というワードを入れてつぶやきたくなる人が
これだけ多くいらっしゃったということですから、本当にすごいですよね。

相当インパクトがあるパフォーマンスをされたようです。

2nd LIVEで圧巻の歌声を披露された伊東さん。
CDのみならず、ライブでも
伊東さんは観音坂独歩を体現されたということになります。

もし2nd LIVEのBlu-rayなどが発売されたら、また改めて感想を書いていきたいと思います。

今後、伊東さんが「チグリジア」を披露される機会がきたら
しっかり聞き入りたいと思う筆者でした。


ヒプノシスマイク 麻天狼-音韻臨床-

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Music Video とっとさんファンの感想はこちら