伊東健人さんの素敵なところについて語ってみた

ここは伊東健人さんファンの筆者が
伊東健人さんについて好き勝手に語りまくるコーナーです。
※あくまで筆者の主観で語っていますのでご了承ください。

圧倒的な歌唱力・表現力がある


伊東健人さんは2011年に声優としてデビューしました。
キャリアを順調に積んでおり、年々歌唱力や表現力がアップしています。

まず伊東さんと”歌”は切っても切り離せない要素でしょう。
CDやライブイベントなどで毎回圧倒的な歌唱力を披露しています。

伊東さんの歌について「THE IDOL M@STER 1st STAGE」で共演した声優さんたちは
歌唱力おばけ(仲村宗悟さん談)
・伊東さんのソロパートが好き(内田雄馬さん、野上翔さん談)
と大絶賛しています。
THE IDOL M@STER 2nd STAGE」で共演した古畑恵介さんによると
リハーサルでも音をはずさなかったといいます。

同業者からも絶賛される歌唱力の持ち主であることがわかりますね。

伊東さんは絶対音感を持っているそうです。
ディズニーやミュージカル鑑賞が好きということも、歌唱力が磨かれた一因かもしれません。

「コロムビアキッズ こどものうた」や「ジュリーのへや」では
教育番組のうたのお兄さんのような伊東さんの歌声を聴くことができます。
やさしい声色でしっとり歌い上げる曲もあれば、コミカルな曲も楽しく歌われてます。
歌唱力だけでなく表現力も豊かな声優さんなのです。

表現者として豊富な経験がある


伊東さんは高校生のころから音楽活動を始めています。
大学時代もバンドメンバーとして都内のライブハウスで演奏をしていました。
人前で音楽を披露してきた経験が多い方なのです。

そして同大学時代には「21世紀P」名義でボーカロイドを用いた楽曲を発表しています。
作詞・作曲・楽器演奏・動画投稿などクリエイターとしての経験も豊富なのです。
当時の楽曲はニコニコ動画やピアプロで現在も視聴可能です。

さらに声優デビューした当初から顔出しの仕事が多く
soffiveという声優ユニットのメンバーとして定期的にテレビ出演もしていました。

つまり、伊東さんはデビュー前~デビュー直後だけでも

・バンド活動
・作曲
・作詞
・楽器演奏
・動画投稿
・顔出し映像出演
・声優ユニット活動

これだけ表現者としての経験を積んでいます。

謎の場慣れ感がある(野上翔さん談)といわれたことがある伊東さんですが
上記の経験が活かされているということですね。

目標へ到達するための冷静な視点とガッツがある


伊東さんはTwitterでその時々の目標をつぶやいていることがあります。

21世紀P時代には、投稿した楽曲の再生回数やランキング順位。
声優デビュー後もたびたび目標へ到達するための心構えについて書かれています。

実現可能な目標をたてて、その目標をクリアしたら次に進む。
冷静な視点をもっていないとできないことです。
それを繰り返して進み続けた結果が、いまのご活躍に繋がっているのですね。

伊東さんがTwitterに書かれた内容のなかには、数年越しで実現している例もあります。

ブログを始めたとして、しっかり更新途絶えずできるようになったら、
人としてレベル上がる気がするし、それはとっても嬉しいなって思うんだ
(2012年11月 Twitterより)

このつぶやきから5年後、Twitterのフォロワー3万人突破をきっかけに
2017年8月からブログを開始しています。
下和田ヒロキさん宛てに「レギュラーが決まってから」とも発言していますが、
地上波アニメの主演(※2018年~ヲタクに恋は難しい)も2017年7月に発表されていました。

さいたまスーパーアリーナ…いいなぁ、死ぬまでに一度は歌ってみたいなあ。(2012年8月 Twitterより)

こちらのつぶやきも同じく5年後の2017年8月に、さいたまスーパーアリーナで開催された
Animelo Summer Live 2017(アニサマ2017)」で歌われています。

抱いた夢を諦めたり否定しない、ガッツを持った声優さんでもあります。

悩みも素直に表現する人間くささがある


伊東さんも完璧超人ではありません。
その時々で悩んだり、葛藤していらっしゃいます。

Twitterにはたびたび人間関係についての呟きがみられます。
就職活動をやめて、声優になることを決意した時期には
ご家族から反対にあった際の心情を吐露しています。

そういった悩みや辛いことは、強がったり隠したがったりする人も多いと思います。

伊東さんはそこも隠さず表現する方です。
なので「嘘をつかない正直な人」というプラスの印象を受けます。

弱さをさらけ出せる人は強いですし、まっすぐに生きている人を応援したいと思う人は多いでしょう。
伊東さんの生き方は、自然と味方を作っているようです。

筆者は伊東さんの声優としての演技や歌唱力といったスキルはもちろん
上述のような人柄も尊敬しています。
これからますます素敵な声優さんになられると思うとワクワクが止まりません。

最後に。
7年前に伊東さんはこのようにつぶやいていらっしゃいました。

自分は表現者でありたい、そんで、
何年か後に皆さんにでっかい報告をして、
そんでちょっとだけ恩返しをして、
そんで一歩くらい今の位置から退きたい (2010年6月 Twitterより)

伊東さんは今現在どのような未来予想図を描かれてるのでしょうか。
今の時点でも相当大きな実績をつくられていると素人目線では思うのですが
もっともっと上を目指されているかもしれませんね。

全国、いえ全世界にいる伊東さんファンの1人として
伊東さんの夢が叶うことを願っています!